自分でできるうつ病診断チェック|気になる症状は早めに診断しよう

お医者さん

病状確認のサイトを活用

医者と看護師

うつ病かもしれないと感じた時には、インターネットで無料チェックを行う事ができるうつ病の症状チェックサイトを活用してみましょう。サイトの内容を学んでおくことでうつの症状を予防したり、実際に病気に罹ってしまったとしても治療や改善を行うのに役立てる事ができます。

詳しく読む

心の病が気になったら

下を向く女性

心療内科に行く前に

現在社会は、ストレス社会とも呼ばれ、精神的なストレスを抱えた方が少なくありません。特に「うつ病」は、軽度の精神疾患であるため、その症状が発覚しにくいという特徴があります。加えて、軽度のうつ病の場合、多くの方が医療機関に行くほどの症状ではないと自己判断してしまい、それを放置してしまう傾向があります。中には、うつ病と診断されることが怖くて医療機関に行けない方もいます。そこで、最近人気があるのは、インターネットで自分のうつ病のレベルを診断できる「うつ病チェック」です。これは、提示される質問に対して選択式の回答を行うだけで、自分がどれほどのうつ病なのかを診断してくれるものです。これであれば、自分の空いている時間に行うことができますし、人と話をせずに済むのでプライバシーの保護にもなります。このインターネットでのチェックで、自分の症状のレベルが分かるとこのようなメリットがあります。まずは、自分の思い込みではなく、客観的な判断ができる点です。人によっては、自分がうつであると思い込みがちな方がいます。逆に自分はうつと思われたくないと考えている人は、自分がうつであってもそれを認めようとしない傾向があります。他のメリットは、自分が医療機関に相談に行くべきかどうかの判断材料ができることです。特に初めて心療内科や精神科を訪れる方にとって、自分が精神疾患に罹っているかどうかを医師に診てもらうことは勇気が要ります。しかし、このうつ病チェックによって、事前の心の準備ができるのです。

子供に多い精神疾患

最近の精神疾患における特徴として、子供の精神障害が増えていることが挙げられます。精神的に落ち着きがなかったり、言葉を話せるようになっても他人とのコミュニーションに障害があるなど、様々な症状があります。このような子供の精神疾患を医療的には「児童精神」という名称で分類しています。子供の場合、自分でうつ病であるかを判断することが難しいので、最初の段階ではお母さんなどご家族の方が判断することがほとんどです。医療機関に直接相談される方もいますし、先ほど述べたような、インターネットでできるうつ病チェックを行った後に児童精神の実績のある医療機関に相談するケースもあります。しかしながら、児童精神の場合には、通常の精神疾患とは大きく異なる事情があります。それは、児童精神に対応した医療機関が非常に少ないことです。外来で診てもらうだけでも、数か月〜半年も先に予約を入れなければならないことも多々あります。これは、児童精神に対応した医師が少ないことに加え、高齢者向けの精神疾患(認知症など)に力を入れている医療機関が多いためです。その理由は、子供向けの精神疾患に対応した施設を作ることが難しかったり、入院施設であれば児童精神の患者に対応するのは労力的に非常に難しく、それできる看護師があまりいない事などが原因です。そのため、医療機関で診てもらえないお子さんは、ご両親などがなんらかの形で診断して対処する必要が出てきます。それゆえに、インターネットで簡易的に診断ができるうつ病チェックがよく利用されます。

早期に見つけて未然に防ぐ

男性

うつ病は患者本人に病識があまりありません。そこで活用したいのがネットの自己診断チェックリストで、気軽に受けられうつ傾向を数値化できるという点に特徴があります。また、早期発見するためには周りの人の注意も重要で、もし近しい人に初期症状に当てはまる症状が見られたら、医療機関への受診を勧めましょう。

詳しく読む

夢の中でも現る症状

カウンセリング

うつ病になっているシグナルは気落ちした姿を見せたり言葉を現したりすることもありますが、実は連日怖い夢を見るという症状があります。深い眠りにつける効果のある方法をチェックしながら快眠につなげることが大事です。

詳しく読む