自分でできるうつ病診断チェック|気になる症状は早めに診断しよう

レディー

病状確認のサイトを活用

医者と看護師

診療前に確認できる

うつ病が発症した際の症状としては一見するとわかりにくい症状でもあるため、一般の人にはうつ病かどうかを確認するのは難しい場合も少なくありません。うつ病は単に気分が落ち込んでいる日々が続いているとか、やる気が起こらない、あるいは努力が続かないといった抑うつ状態が続くという症状だけの病気ではありません。抑うつ状態は長期的に続くことで身体に不具合が現れ、体の不調期間が続きます。この抑うつ状態による不具合が続くとうつ病の症状となります。不具合の例としては、体がだるい、睡眠時間が長すぎる(あるいは一日中布団から出てこない)、食事をほとんど食べない、便秘が長期間続いているといったような症状があります。この他にも様々な症状が有りますが人の体調や生活環境において個々に違いもあり、上記は一般的な症状の例として良く医学書や専門書などにおいて解説されている症状の一例となっています。病気のチェック方法としてはインターネットを活用して、個人で病気のチェックを行う事も可能となっています。ただし、個人での病気症状のチェックはあくまで簡易的なもので、またチェックをする際に文章内容から読み取ることができる体感的な感覚などは個々によって感じ方が違う事もあります。正確なチェックのためにはやはり専門の医療機関において受診が必要になります。しかし病気の状態やうつ病症状の簡易的なチェックをいつでも気軽に行う事ができるという利便性の良さもあり、近年ではインターネットによるチェックを行う事ができるサイトが増えてきています。インターネットを活用したうつ病症状をチェックできる利点としては一般の方にもわかりやすい言葉で解説されているホームページが多く、これから精神病に関しての知識を深めたいとか、予防方法に興味があるという人にとっても活用しやすい内容となっています。

不調を感じた時は

身体的な不具合が長く続き、チェックサイトでの項目に当てはまる部分が多い場合には無理をせず精神科や心療内科に相談しましょう。病院ではうつ病の治療方法としてカウンセリングによる対人療法と、薬を活用した治療を行う薬物療法において治療が行われます。対人療法はカウンセラーとの対話などによって人間の内面的な部分の改善を促してゆく精神療法です。一般的に精神病の対人療法には様々なものが有ります。そして適切だと思われる対処方法や改善方法も患者さんの状態によって日々刻々と変化しているためカウンセラーには複雑的な治療が求められます。多くの精神病を引き起こす原因としては自分の内面的な自信のなさやコンプレックスといったものであったり、あるいは職場での対人関係や家庭内の不和などが原因として患者さんは心に傷を負ってしまっている場合が多く、治療を行う場合にはこの心の傷を探してうまくリカバリーする必要があります。リカバリーの方法としては、カウンセラーの著書などを参考にすると「認知を改善する方法」というものがあります。一例として、心の傷は情報の捉え方が間違っている場合などに引き起こされることがあります。例えば、相手は親切心で自分に気を遣ってくれてその場の雰囲気を乱さないように笑顔になって笑ったことを悪く捉えてしまい、自分をばかにして笑った、自分はばかにされたと感じた事でトラブルが発生した場合があるとします。この場合には相手が笑ったことが、本当は自分のことを考えてくれていたためだった、という認知を正すことで心の傷を癒やすといった療法です。人間が「傷付いた」と感じている場合には、相手の感情が良く読み取れなかったことから事実を悪く解釈してしまっているという事も少なくないのです。カウンセリングの手法にも様々な方法がありますが、主にこうした手法によって改善を試みる療法により、病状を改善してゆく場合もあります。