自分でできるうつ病診断チェック|気になる症状は早めに診断しよう

レディー

早期に見つけて未然に防ぐ

男性

自己診断をネットで

うつ病は「心の風邪」と呼ばれ、たくさんの方がかかっています。自分には関係ない、と思われているかもしれませんが、実は知らない間に忍び寄って来るのが、この病気の特徴でもあるのです。うつ病の方には通常病識がないことがほとんどです。自分が病気になっているということを認めたがりません。しかし、重症化してしまうと治りにくいのもこの病気の特徴で、早期発見早期治療が重要なことは、他の病気と変わりません。そこでおすすめなのが、インターネットによるうつ病チェックなのです。これはインターネット上のサイトにあるチェックリストについて答えるだけで、自分のうつ傾向やうつ度を数値化できるというものです。家に居ながらにして、クイズ感覚で気軽に受けることができるという点で、人気があります。通常このチェックリストに使われている項目は精神科医の自己評価尺度などを基に作られたものですので、信頼性は高いと言えます。また、チェックの結果は印刷して、クリニックを受診する際の診断材料として提出することもできます。もちろん、正式な診断は医療機関を受診しなければ、決して下すことはできません。しかし、どうも最近うつ状態が続いている、気になっているが、クリニックを受診すべきだろうか、と迷っていたり、あるいは周りの方々から見て様子に問題があるのに受診したがらない人の背中を押したい、といった場合に、判断材料として役に立ってくれることでしょう。心は見えません。それが人をより一層不安にさせます。数値化できるうつ病チェック、自分を客観視するよいきっかけづくりをしてくれるのではないでしょうか。

小さな変化を見逃さない

うつ病は自分で認識することが中々難しい病気です。また、最近は新型うつ病などと呼ばれ、従来型のうつ病の範疇には収まりきれないタイプも登場し、より複雑化してきました。自分の周りのあの人の様子が気になる、そんな時にはどこをチェックしたらよいのか、初期の症状について考えてみましょう。まず真っ先に現れるのが、睡眠障害です。疲れているのに眠れない、あるいはやたらに早く目が覚めてしまい、熟睡できないといったことです。食欲にも変化が現れ、物があまり食べられなくなります。反面、やたら食が進む場合もあるので、そこは注意しましょう。それから、目まいや関節痛など身体症状も現れることが多いのです。うつ病というと心の病気というイメージが強いですが、意外に初期症状は身体に現れるという点を押さえておきましょう。後は、やる気が起きない、自分を責める気持ちが強くなる、などです。以上がうつ病の初期症状の典型ですが、ただし新型うつ病の場合には、自分を責めるというより周りを責めることが多いので、注意しましょう。それ以外の症状については両者共通して見られますので、こうした症状が少しでも周りの人に見られたら、うつ病を疑ってみましょう。うつ病を治す決め手は早期に発見して適切な対処をとる、これにつきます。しかしながら、患者本人には中々自覚がないところが、早期発見の妨げとなっています。早期の症状が少しでも見られたら、とりあえず医療機関を受診して、診察を受けることを本人にすすめましょう。きっと、後で大きな結果が待っているはずです。